旧車會バイクに合わせる服装

街道レーサーが楽しむ旧車會

街道レーサーが楽しむ旧車會

街道レーサーが楽しむ旧車會 いわゆる暴走族というものは過去の存在になっていますが、違法改造や迷惑行為の面をなくせば単なるバイク好きだったりします。
一昔前にたくさんいたバイク好きが今現在いなくなったのかと言えば、そうではなく細々と頑張っているだけだったりするのです。
旧車會というものの存在を知っている人も多くはないかもしれませんが、今現在かつての暴走族的な楽しみをするなら旧車會があるという事を知っておきましょう。
旧車會は昔の暴走族の様なデコレーションしたバイクを走らせる街道レーサーの集まりで、ちょっとしたイベントです。
大勢が集まるイベントなのでそれなりに目立つのですが、元より煙たがられるのを承知しているので迷惑行為をしないように徹底されています。
集まった街道レーサーはデコレーションしたバイクを見せ合ったり、コンテストしたりと平和的な遊びを楽しんでいます。
見た目は厳ついですがやっている事はバイク好きがコレクションを見せ合っている様なものなので、微笑ましい趣味と言えるでしょう。

旧車會もルールを守れば規制はされていない

旧車會もルールを守れば規制はされていない 旧車會は旧型の二輪車を運転するグループが該当してきますが、旧型の二輪車を愛好しているだけであれば特に規制はありませんし法律的にも問題はありません。
しかし一部の旧車會では元暴走族のメンバーなどが集うことで、公道で危険な走行をするケースがあり、そのような場合は逮捕される可能性があります。
悪質な旧車會が社会問題化している背景もあるので、整備不良違反や騒音関係違反などで取り締まりが強化されている地域も存在します。
そのため危険な走行をしていなくても、違法に改造した旧型の二輪車で走行をした場合は、取り締まりの対象です。
違法な改造などをしていない旧型の二輪車で普通に走行するだけであれば規制の対象になることはありませんから、正しくルールを待っていれば旧車會として合法的に活動することができます。
ただ集団で走行していると知らず知らずの内に広がり走行などをしている可能性があるので、リーダーが率先して注意をして走行するのが大切です、

新着情報

◎2021/2/15

街道レーサーが楽しむ旧車會
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

旧車會のバイクがうるさい理由
の情報を更新しました。

◎2020/10/30

車検には通るのか
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「バイク 規制」
に関連するツイート
Twitter

2022年11月生産分より国内向け二輪車に対して「令和2年排出ガス規制」が適用されることでCB400sfは、2022年10月生産分をもって生産終了とすると発表されました。CB400SFの誕生から30年を刻んだ歴史が終わるのですな😗 そんなCB400SFってどんなバイクか日記にしたやで😗 ・

へー、現行規制下で販売されたバイクのABSを無効化するのは不正改造になるのかー…。 一部モデルで純正のキャンセラーが付いてるけどあれはどういう法的根拠なのか

名古屋市は駅駐輪場の排気量規制を撤廃するべきだと思うし、藤が丘の旧駐輪場の死に地を大型バイクの駐輪場にするべきだと思うの

予想だけど今週も来週もだんだん閑散期続くだろうな さらにウーバ規制かけてるから 本当に体力が異常なやつしか勝てない時代になる いわゆるバイクガチ勢じゃないと勝てない時代だろうな

面白いタグがあったから便乗 初めて乗ったバイク